ストリップを観に行って連れに邪魔された話

こんにちは、はじめましての方ははじめまして、円です。先日試験日の前日にストリップに行ってまいりました。早速感想を書いていこうとおもいます。

 

私が行ったのは渋谷道頓堀劇場というストリップ劇場でして、平日の昼間に行ったのですが、おじさま方が10人前後居たと思います。5人のストリッパーさんのショウを見ました。お値段なんと女性3時間2000円!安い!映画じゃん!!
ステージはそれほど大きくなく、四角いステージから花道が伸びて上がり下がりする円形のステージに繋がっていて、その円形のステージを囲むように3列の座席がありました。私と連れは3列目に座っていたのですが、如何せん若い女は目立つ!4人目にはちゃめちゃ好みの顔のストリッパーさんがいたのですが、「なんて可愛らしいんでしょ〜!」と言いながら手を振ってくれました。ピースしたらピースし返してくれました。満足です。トリのおっぱいの大きなお姉さんも舞台から降りてきて抱きしめてくれて胸を触らせてくれました。柔らかかったです。いい匂いでした。大変に満足です。

ストリッパーのお姉様方は最初2曲ほど着衣で踊りまして(パンチラはある)、そのあと衣替え→全部脱ぐというのがセオリーの様でした。曲は本当に人それぞれで(ストリッパーの方が自分で選んでるのかな?)、JPOPや洋楽、ボカロなどが意外と音質の良いスピーカーから流れてきました。セクシー系はもちろんのこと、元気系やオタク系などストリッパーさんによって本当に様々なダンスや曲がセレクトされていて、ストリップはダンスと同じく自己表現の一つなのだなぁと思いました。パンツを脱いだときに拍手をするのがセオリーのようです。脱いだパンツをシュシュのように手首に巻いているストリッパーさんもいました。全裸または半裸になると、神々しい音楽の中で回る台の上でポージングが始まります。ポーズが決まる度に拍手がおこり、エロというより芸術性が前面に押し出されているように感じました。

ストリップの後は写真を撮るための時間があり、有料でチケットを買ってポーズや着衣脱衣を指定できるようでした。「Lのポーズして」など業界用語がしばしば耳に入って面白かったです。ちなみにエルのポーズとは足を直角に開くポーズのようです。ストリッパーの方々とのお喋りを楽しみながら各々のフェチを反映した写真を撮ってらっしゃいました。足の裏の写真を撮ってらっしゃる方がいて「マニアック〜〜!」と連れとざわめきました。

写真撮影タイムのあとはストリッパーの方々が音楽に乗せてポーズを決めながら大陰唇を開いて中まで見せてくれます。最前列に座ると目の前で見せてくれますよ!!ここでお札を差し出すと、胸の谷間に挟んで受け取ってくれたりします。

さて、連れに邪魔された話です。私は美しい肢体に見とれていたのですが、連れが肩を叩いてきたので「なに?」と尋ねると、連れが指した先には一番後ろでタンバリンを叩いているおじさんがいました。先ほどから述べている通りストリップの間中音楽が流れているのですが、しっとりした曲以外でずっとおじさんが高速でタンバリンを叩いています。プロタンバリンおじさんのタンバリンがあまりに自然で、最初はその存在に気づいていなかったのです。次長課長の河本より上手いと思います。プロタンバリンおじさんに気づいた後、連れがチラチラ後ろを振り返り、おじさんがタンバリンを再開するたびに私の肩を叩いて教えてくるので「私が女体観るの邪魔しないでくれない?!」と思わずキレました。プロタンバリンおじさんはおそらく劇場のスタッフだと思われるのですが、ストリッパーさんの写真を撮るのにきちんとチケットを買っていたのが好印象でした。

以上が私が初めてのストリップ劇場に行った感想です。そこはエロというより芸術の世界でした。以前クラブでナンパした女の人にプロタンバリンおじさんの話をしたら「応援上映なのかと思った」と言われて面白かったです。

あの子が好きで苦しかった話

こんにちは、円です。

 

私には1年程前まで好きな人がいました。4年間くらいずっと好きで好きでしょうがなかったです。まだ私は18歳なのですが、あの子への想いが人生で最初で最大の恋だったらどうしよう、とよく思います。でもあの執着を、あの熱を、あの欠乏感と満足感を、恋というどこか神聖で綺麗な一文字に収めてしまっていいのかどうかは分かりません。兎に角好きでした。

想い続けることは、苦しかったけど本当に楽しかったです。相手が存在するというだけで嬉しかったです。同じ年に生まれて、同じような地域に生まれて、親に同じ学校に通わせてもらって。今日も顔の造形が最高だな!とか、照れると瞬きが多くなるのが可愛いな、とか。でも本当に苦しかったです。片想いだったので。あの子も好き、と何度も言ってはくれたんですけどね。1番苦しかったのは、良いものを見たり聞いたり体験して感動したとき、「あの子と共有したい!あの子がこの場にいれば!」といつでもあの子を思い浮かべてしまうことでした。Perfumeのライブでは特にそれが顕著でした。楽しいのに、あの子へのドロドロした想いが胸のそこから湧き上がってきて、切なさに胸が締め付けられました。たくさん泣いて、たくさん踊って、いつも訳が分からなくなるくらい自分を追い詰め、最後には無になって家まで帰ってました。

 

一昨日だったか、グレイテスト・ショーマンのDVDが届いたので今日観ました。やっぱり歌が最高ですね。大学受験が終わって即映画館まで観に行ったのですが、すごく心を揺さぶられたのにそういえばあの子のことを思い出すことはなかったな。今日気づきました。ちゃんと、ちゃんとって言ったらいいか分からないけど、ちゃんとあの子の事を諦められたんだね。グレイテスト・ショーマンの感想もまた別に書きたいと思います。

 

5回連続でイッた話

こんにちは、円です。突然ですが、わたしは下着の上からの振動するアレの刺激で最高5回連続でイッたことがあります。どんな感じだったか、なるべく詳細に述べようと思います。こんなこと述べたらリアルの友達には決してこのブログを紹介できなくなりそうですね。

 

まず、1度イッても刺激を続けました。すると簡単に2度目の絶頂が迫ります。2度イクと流石に敏感になって、身体がビクンビクン跳ねます。それでも我慢してそこに当て続けると、明らかに他と違う直接的すぎる快感にビリビリするようなスポットが見つかりました。ゆっくりと3度ほどそこを擦り、背を反らしながら3度目の絶頂を迎えます。この辺りから目をギュウッと瞑るようになりました。キスしたくてたまらなくなります。空いた手に唇を当てたりしてみます。暫くして振動を与えられると、そろそろ痛く感じてきますが、もうイキたくてイキたくてたまらなくなります。いいところに振動を当て、擦り付けるようにしてまた達します。今度は声が漏れました。最後にはもうイキたくてイキたくて我慢できず、めちゃくちゃに擦り付け、ずっとイッているような状態になって瞳孔が開く感じがします。イッているけど、まだ先があるような、そんな不思議な浮遊感に包まれ、とにかく腰をめちゃめちゃに動かしていい所を擦り付け、ヒクつく膣を締め上げ、最後にはなんと五回目の絶頂を迎えました。絶頂ななかなか収まらず、そのまま気絶するように眠りました。

 

それから数日は何をしても膣に力が入っただけで達してしまい、大変でした……。あと尿のキレがしばらく悪かったなぁ……笑。

女子校で百合をした話

はじめまして円です。私は3月に中高一貫女子校を卒業しました。今回はその女子校で百合をした話をしたいと思います。初めに断っておきますが、私は自分が同性愛者かどうかはよく分かりません。

私は中学2年生のとき、ある女の子に「ハマり」ました。はちゃめちゃな美人です。しかも人たらしです。仮にBとしますね。おそらく季節は秋だったと思うのですが、クラスの違うBに一目惚れした私は、毎日昼休みにBのクラスに通いつめるようになりました。Bはいつも友達に囲われていたので、私もその中に入りました。周りから攻める戦法です。寝ても覚めてもBのことばかり考えていた半年を過ぎ、中学3年生のクラス替えでなんとBと同じクラスになりました。私はなんとしてでもBと仲良くなりたくて押せ押せだったのですが、ある日ちょっと引いてみたら簡単に落とせました。こうして私はBと毎日お昼ご飯を食べる人の地位をゲットしました。Bの一挙一動に尊さを感じ、肩を組まれるだけで幸せで、毎日大好き大好きと騒ぐ日々を送っていたのですが、そんなとき他クラスの友達Cちゃんに「キスしてみない?」と誘われました。結論から言います。しました。それからはCちゃんとはトイレの個室でキスする関係になりました2人で遊びに行ったりなど恋人っぽいことは1度もした事がありません。相手の好きな物もよく知りません。キスフレといったらいいのでしょうか。Cちゃんとはそんな関係になりました。キスしたくなった夜に「の朝いつものトイレでキスしよう」などとメールを送り合うだけの関係です。勿論私の本命はBで、私は夏休みのある日「好きだよ、キスしない?」とメールしてみました。Bは「私も。円だったらいいよ。」と返してくれました。そこで私は、思いました。Bも私のことを好き、と言ってくれるようになりました。でも、それは恋愛的な意味の「好き」なんだろうか、と。私のファーストキスは軽いノリでしてしまったキスで、後悔はしていませんが「もしBがファーストキスの相手だったら」と思ったことが何回もありました。だから、Bには本当に好きな人とファーストキスを味わって欲しかったのです。そんなことをメールにしたためて送ると、Bからは「分かった。」と送られてきて、結局キスすることはありませんでした。その後、イチャイチャしたり険悪になったりを繰り返しながら微妙な関係が続き、私は高2の冬にBと真剣にはなし、Bへの想いを断ち切る決心をし、胸の下当たりまであった髪の毛を鎖骨の当たりまでバッサリ切りました。今ではBとは普通の友人です。ゴールデンウィークにはあっちに誘われて遊んできました。楽しかったです。

Bは異性愛者です。少なくとも私にはそう言いました。私とBとの関係は本当に奇妙で、結局マウスtoマウスのキスはしませんでしたが、頬とか、指とか、太ももとか、その他あんな所やこんな所に私が吸い付いて付けた跡とかあっちが噛み付いてきて付いた跡とかがいっぱいありました。私はそれをすると、それをされると、もうたまらなくなってしまって。「2人は付き合ってるの?」と友達に聞かれてBが「ええ〜それはどうかな~~」と否定しないとき、本当は私のことが好きなんじゃないか、と期待してしまって。私が他の男とデートした事を報告したときに「浮気するなんて許さない」と言ってくれた事が嬉しくて。Bを想って沢山笑いました。沢山泣きました。

私は私のBへの思いが恋だったのか分かりません。「執着」していたのは確かです。Bは私への思いは恋じゃないといいます。それでも私はBに少なくとも友人として愛されているし、わたしはそれが純粋に嬉しいです。私はBを「本命」と位置づけながらも、Cちゃんを初めとしてその他の男や女とも恋愛の真似事をしました。私が「恋」をしていたのかはよく分かりません。

現在、私は共学の大学に通っています。距離を詰めてくる男の人はちょっと怖いです。この間女性が好きな女性のためのクラブイベントに行ったのですが、そこでナンパした素敵な方にハマりつつあります。恋かどうかはよく分からないなぁ。ナンパした話をBにしました。もう妬いたとは言ってくれません。ちょっと寂しいです。